がん検診を受診することが大事な理由とは


普段、健康管理に気をつけて毎日を過ごしている方は病気にならず歳をとっても元気に生活していきたいという思いを持っている方も多いのではないでしょうか。


体が丈夫なのは、健康管理を自分でしっかりしているからだと自信を持っている方も多くいらっしゃいます。

生活習慣を整えることは生活習慣病のリスクを下げ、あらゆる病気になる可能性を下げるためにとても有効です。

生活習慣とは、運動や食生活、タバコ、飲酒に関わることです。


生活習慣が乱れた方は、様々な病気を起こしやすくなってしまいます。

様々な病気の中には、がんという病気もあります。

がんは遺伝でがんになる場合よりも生活習慣が原因で病気になる可能性がとても高く、毎日の規則正しい生活の積み重ねが大事なのです。


生活習慣に気をつけていれば、どんな病気にもならないというわけではなく、病気になるリスクが下がりますが発症する可能性はゼロにはなりません。

がんになってしまう確率もあるため、自覚症状がない段階のがんを発見するためにもがん検診を受診することが大事です。



早期にがんを発見する事ができた場合には、治る可能性が高くなり治療もがんの種類によって外来治療が可能であったり内視鏡治療が可能であったりと負担が少なくなります。



がん検診受診率の向上のために、市町村からがん検診で使用できるクーポンが送付されるようになりました。

大腸がん検診に加え、乳がん、子宮頸がんと女性特有のがん検診は若い方が病院を定期的に訪れて検診を受ける機会になっています。


年齢に応じて定期的に送付されてくるクーポンを利用して、健康管理の意識を高く持ち続けることが大事です。

がん検診に関するご質問を解決いたします。